伝言ゲーム

「伝言ゲーム」は、学生がリスニング、スピーキング、コミュニケーションスキルを練習するのに役立つ楽しいアクティビティです。

目的

伝言ゲームの目的は、アクティブなリスニングの練習を行い、明瞭かつ正確なスピーキングを奨励することです。

準備

単語の事前指導、生徒がすべての単語の意味と発音に慣れている必要があります。

材料

  • 単語を教えるための伝言ゲームのフラッシュカード

設定

1. 生徒は6-8人のグループを作ります。
2. 生徒にクラスの前から後ろまで列を作るように説明します。

やり方

1. 各列の後ろにいる生徒に、単語リストから単語を1つ伝えます(同じ単語でも異なる単語でも構いません)。
2. 後ろにいる生徒が前の人に文を囁きます。
3. 順番に、各参加者が聞いた内容を次の人に囁きます。
4. 囁きはメッセージが前にいる最後の人に達するまで続きます。
5. 最後の人は単語を先生に囁きます。
6. チームが単語をどれだけ早く先生に言うかに基づいてポイントを授与します。