ピクチャーディクテーション

目的

ピクチャーディクテーションの目的は、生徒のリスニング理解力と語彙力を向上させることです。生徒が話された言語を視覚化し、解釈することを奨励し、教室での創造性と参加意欲を育てます。

準備

アクティビティの前に、教師は絵やシーンの詳細な説明を準備する必要があります。説明の複雑さは、生徒の言語習得レベルに応じて調整できます。

必要な材料

このアクティビティに必要な材料はシンプルです:教師が説明するための絵やシーン(これは物理的な絵でも、教師の頭の中のイメージでも構いません)、生徒用の紙と描画用具です。

セットアップ

各生徒に描画用具と紙を配布します。すべての生徒が教師の説明を容易に聞けるように座るようにします。

遊び方

  1. 教師は生徒にアクティビティを説明し、始めます。生徒は教師の説明に基づいて絵を描くことを理解する必要があります。
  2. 次に、教師は絵やシーンを詳細に説明し、目標とする語彙や文構造を使用します。教師は絵を一度に全体的に説明することも、部分ごとに説明することもできます。これは生徒の習得レベルによります。
  3. 教師が絵を説明すると、生徒は自分の紙に聞いたことを描きます。
  4. 説明が終わったら、生徒は自分の描いた絵をクラスで共有できます。これは、各生徒が説明をどのように解釈したかについての興味深い議論を引き起こす可能性があります。
  5. 教師はアクティビティを終了することで、元の絵(もしあれば)を明らかにし、生徒の描いた絵と比較します。